What's about Career Specialist ?

キャリアスペシャリストについて

Top > キャリアスペシャリストについて


キャリアスペシャリストとは?

相手が何をやりたいと思っているのか、まず相手のキャリアを理解しながら、その人が目指すキャリアを実現するための目標設定を支援し、一歩踏み出すために背中を押す。つまり、相手が目指すキャリアの実現を支援するコミュニケーション力を持つ人材、それが「ICCA認定 キャリアスペシャリスト」です。



キャリアコンサルタントとの違い

キャリア コンサルタント

キャリアコンサルタントは、2016年4月より創設された国家資格でもあり、個人の適性や職業経験に応じた職業設計を行い、これに即した職業選択や能力開発を効果的に行うことができる専門家のことです。

キャリア スペシャリスト

一方キャリアスペシャリストは、そのキャリアコンサルタントの実践的なノウハウを、より幅広い職務に携わる方にもご活用いただけるように、ICCAが体系化した「相手が目指すキャリアの実現を支援できるスペシャリスト」です。

労働人口の減少による採用難、働き方や雇用形態の多様化など「キャリア」に関する環境が大きく変化し、「いい人を採用する」「採用した人に定着してもらう」ために、面接官と応募者、上司と部下、メンターとメンティなど、キャリアコンサルタントでなくても相手のキャリアに対して理解が必要な場面が増えています。

こうした状況のなか、「ICCA認定キャリアスペシャリスト」には様々な職場で、相手のキャリアを理解・支援し、採用の成功や定着率のアップ、実のあるキャリア面談などを実現する人材として期待されています。



キャリアコンサルタントのノウハウが幅広く活用できる理由

実践的なキャリアコンサルティングでは、「相手を理解する」「相手のやりたいことを引き出す」「相手の意思決定を支援する」「行動できるように背中を押す」といったコミュニケーションを行っています。このコミュニケーションは、キャリアコンサルティング以外でも、面接やキャリア面談、メンターとしての面談、学生の進路指導などでも必要とされる能力ですが、そのような場面で次のようにモヤモヤしたご経験はありませんか?



よくあるモヤモヤなケース

部下や後輩をうまく褒められない
職場がどうも活性化していない
新卒や中途採用の自体が多い
メンターとして、メンティの考えてることがよくわからない
学生の進路相談に乗るが、本人のやりたいことが汲み取れない
部下と面談してもどうも本音がよくわからない


こうした状況は、「相手を理解していない」「相手のやりたいことを引き出せていない」などが原因で起こるため、実践的なキャリアコンサルティングのノウハウを知っていれば解決できるケースがほとんどなのです。


そこでICCAでは、上記のようなモヤモヤするコミュニケーションに課題を感じていらっしゃる方が、活躍しているキャリアコンサルタントの実践的なノウハウを身につけ、よりよいコミュニケーションができるようになるための講座を作りました。



認定講座について