1. ICCAホーム
  2. 活躍事例・体験談
  3. 高橋 芸臣さん

活躍事例・体験談

高橋 芸臣さん

「人と向き合い、動かす」仕事の奥深さと難しさを実感
ビジネス感覚も併せもつ国際キャリア・コンサルティングに
興味を抱く

―国際キャリア・コンサルティング(ICCA)を取得されたきっかけは何ですか?

 私は、人材紹介会社や人事・教育部門むけのWebサービスの営業、マネジメントが主なキャリアなのですが、お客様の人材ニーズの高まりを背景に、2011年にHR領域に特化した人材紹介ビジネスの立ち上げを担うことになりました。関連会社でノウハウを習得したり、手探りでサービスを創りあげていきましたが、「人」が相手のこの仕事はなかなか奥深くて難しい。転職相談者と向きあう上で傾聴はもちろん重要ですが、それだけでは転職実現には至りません。時にはいい意味で背中を押してあげることも必要。しかしそこに正解はありません…。 自分が担ったこのビジネスを成長させていくために、もう少し突き詰めてキャリアコンサルティングについて学びたいと思ったんです。

―養成講座を受けてみてどうでしたか?

 様々なケーススタディやロールプレイング中心の実践的な内容は、まさに期待どおりでした。相談者といかに信頼関係を築き、見えないニーズを引き出していくか。どういう投げかけをすれば、人は自ら答えを見いだし、一歩ふみだせるのか。「こういう悩ましい局面、あるある!これはすぐに使えるなぁ」と思えるエッセンスが多々ありました。

 ここで得た知識や、自分の中で再確認されたノウハウは、自分自身がお客様と向き合う際はもちろん、メンバーの教育・指導にも役立ちました。現在は人材ビジネスの立ち上げが一段落して、また違う事業を担当していますが、ここでの学びは色々な場面で活きていると思います。

実践的なコミュニケーション、コンサルティングスキルを
多方面に活かし、仕事やライフワークを楽しむ

―キャリアコンサルティング以外でも活きているというと?

 コミュニケーションスキル、コンサルティングスキルが体系的に学べるという点で、自社の面接、更には営業場面でも活きていると思います。私は長らく自社の面接も担当しているのですが、より深く応募者の本音を引き出せるようになったと思いますし、職務経歴書から読みとれる情報も多くなりましたね。

 また、“相談者の過去、現在、ありたい未来を理解し、今どういう一歩を踏み出すかを共に見つけていくこと”がキャリアコンサルティングだと私は考えているのですが、それは企業の経営者と向き合い、課題を整理し、解決に向けて支援する営業とも共通する点が多々あると感じました。

―学びを多方面に活かされ、素晴らしいですね。プライベートで学生の就職支援もはじめられたとか。

 そうなんです。知人の紹介で、平日の夜、学生のキャリアカウンセリングを始めました。転職や教育に関わる仕事に携わってきて、改めて「就職」という機会に自分と向き合い、軸をもって未来を選択することの大切さを感じ、いずれは学生の支援をやりたいと思っていたんです。一対一で学生と向き合い、価値観の整理から具体的な行動の支援まで行い、内定を獲得するまで伴走する。

 ここでもICCAで学んだことを活かしていきたいですね。

プロフィール

高橋 芸臣さん

1999年、人材・情報サービス会社に入社。人材紹介会社向けに販促・集客を支援するWebサイトの立ち上げからの営業、人事・教育部門向け情報サイトの営業マネジメントなど、人材ビジネスまわりの新規事業をきっかけに、国際キャリア・コンサルティング資格に関心を持ち、2013年2月に資格を取得。
また、自らの経験・事業を通じ、学生時代から自分のキャリアに向かう重要性を実感。プライベートで学生の就職活動支援も始めている。

ページトップ