1. ICCAホーム
  2. 人材ビジネス実務検定

人材ビジネス実務検定  [旧名称:キャリア・コンサルタント実務検定]

人材ビジネス実務検定とは

実務レベルを高めて活躍の場を広げるために
現場で活かせる知識と考え方を体系化


 人材ビジネス実務検定は、人材ビジネス業界での実務知識や、
 現場で必要とされる考え方を、学んで身につけるための検定試験です。

 人材ビジネス実務検定 公式テキストは、
 これまでに1,200社を超える経営者・採用担当者の相談や、
 5,000人を超える就職・転職の相談実績を持つ、ICCA代表理事・長井亮が監修を担当しています。

 実践で活かせるノウハウが凝縮され、体系化されていますので、
 日頃忙しく時間のない方でも、
 効率的に人材ビジネス業界で必要とされる考え方や、ノウハウを学ぶことができます。




こんな人におすすめです

人材ビジネスの実務で必要なノウハウを
効率よく習得したいすべての方に


 人材ビジネス業界とその実務の概要やポイントが学べる人材ビジネス実務検定は、
 次のような方におすすめです。

  • チェックボックス キャリアコンサルティングや人材ビジネスに興味のある方
  • チェックボックス 人材ビジネスに従事して3年未満で、
      人材ビジネス業界を手っ取り早く理解したいと思っている方
  • チェックボックス 人材ビジネス経験は長いけれど、ノウハウや知識をあえて確認する時間がなかった
  • チェックボックス 人材ビジネス業界に就職・転職を考えていて、業界を理解したいと思っている方
  • チェックボックス ICCA認定講座を受講するには時間がない・通えないが、実践スキル・ノウハウを学びたい方
  • チェックボックス 人事関連の資格をお探しの方
  • チェックボックス 人事に異動となり、これから採用に携わる方
  • チェックボックス 就活、転職活動中の方で採用側の目線、人材業界の仕組みが知りたい方

充実の内容!人材ビジネス実務検定公式テキスト

人材ビジネス業界の実務に必要な
業務知識・ノウハウ・考え方がすべて学べる!


 公式テキストは、人材ビジネス業界に関する表面的な知識だけでなく、
 その考え方など詳しいノウハウを、わかりやすく体系化してまとめています。

 特に、業務の流れや実務のポイントを詳しく解説した
「人材ビジネス実務検定2級公式テキスト」

 多くのケーススタディを通じて現場の課題を解決するための考え方を学ぶ
 「人材ビジネス実務検定1級公式テキスト」は、

 人材ビジネス業界各社の新人教育のテキストとしても活用できる内容となっています。


※人材ビジネス実務検定公式テキストは、検定試験をお申込みいただいた方に配布しております。
公式テキストのみの販売はしておりませんのでご了承ください。


人材ビジネス実務検定3級公式過去問題集第1版 お申込みはこちら »

(平成28年6月 発売開始)

3級テキストでは人材ビジネス業界と
キャリアコンサルティングへの理解を深めます


 「人材ビジネス実務検定3級公式テキスト」では、
 人材ビジネス業界とキャリアコンサルティングの理解を深めるために、
 概要とポイントを全70ページにわたって体系立ててまとめています。

 何となく人材ビジネスに興味を持っている方、これから人材ビジネス業界への就職・転職を考える方、
 人材ビジネス業界に就職・転職してまだ日が浅い方は、
 この公式テキストを学ぶことで、業界の全体像を把握し、理解を深める近道となるでしょう。


【「人材ビジネス実務検定3級公式テキスト」で学べる内容例】


  • ペン 人材ビジネス業界の基礎知識を手っ取り早く理解したいんだけど…
  • ペン 人材ビジネス業界の業務内容ってどんなことがあるの?
  • ペン キャリアコンサルティングに必要なポータブルスキルってどんなこと?
  • ペン キャリアコンサルティングに必要なテクニカルスキルは何?
  • ペン キャリア理論ってどんなものがあるの?
  • ペン キャリアコンサルティングの相談プロセスって実際はどうなっているの?
  • ペン キャリアコンサルティングを行う上でのポイントは?

2級テキストでは今日から使える
ノウハウや考え方を学びます


 「人材ビジネス実務検定2級公式テキスト」は、
 現場で活かせる人材ビジネスの知識や考え方・ノウハウを、120ページのボリュームで紹介しています。


 人材ビジネス業界や、労働市場に関する基礎知識、
人材紹介会社のリクルーティングアドバイザーやキャリアアドバイザー、
 リクルーター、大学などのキャリアセンターなど・・・・

 資格が活かせる職種の具体的な業務の流れとそのポイントが整理されており、
 業界・業務理解を深め、今日から現場で活用できるノウハウを学ぶことができます。

 また、営業やSEなど主な職種の適性と主なキャリアプランの可能性についてもまとめてあり、
 キャリアアドバイスの参考になります。


【「人材ビジネス実務検定2級公式テキスト」で学べる内容例】


  • ペン キャリアコンサルティングって実際にどんな業務をするの?
  • ペン 「傾聴」というけど実際に気を付けなければいけないのは、どんなこと?
  • ペン リクルーターの業務は何をすればいいの?気をつけることは?
  • ペン 人材紹介会社の法人営業やキャリアアドバイザーの実務の流れは?気をつけることは?
  • ペン 職務経歴書のプロファイリングはどこを見ればいい?
  • ペン 意思決定支援のための「転職市場の客観的情報」は何を知っていればいい?
  • ペン 求人企業をより深く理解するためには、どんなヒアリングが必要?
  • ペン 相談者のキャリアシートをチェック、アドバイスするときのポイントは?

1級テキストではケーススタディを繰り返し
現場の課題を解決する対応力を磨けます


 「人材ビジネス実務検定1級公式テキスト」では、
 人材ビジネス業界で実際によく発生する困難な事例をケーススタディとし、
 対応する際の考え方のポイントや対応例を100ページにわたってまとめました


 例えば、「相談者に将来に対する漠然とした悩みを相談された時」

 「人材紹介業で、クライアントに紹介したカスタマーが入社を迷う時」など、

 各業務でよくある事例をケーススタディとしてまとめたテキストを、繰り返し学習することで、
 課題解決力や対応力を格段に向上できます

 人材ビジネスのプロフェッショナルとして、
 サービスや仕事の質をさらに高めていきたい方におすすめです。

「人材ビジネス実務検定1級公式テキスト」はどなたでも購入できます。
 1級の受験資格は人材ビジネス実務検定2級を合格された方が対象となります。


【「人材ビジネス実務検定1級公式テキスト」
             で学ぶケーススタディの一例】


 「就職活動の相談に来た学生のCさんには、将来これといってやりたいことがありません。

 好きなことややってみたい仕事がわからないから、
 就職活動もどこの会社に応募していいかわからず、エントリーシートも書けません。

 就職活動がなかなか進まないCさんに、どのようなアドバイスをしたらいいでしょうか。」

          ▼

<考え方のポイント>

 やりたいことがわからない学生は、「仕事理解が足りない」か「自己理解が足りない」のどちらか、
 または両方が原因です。
 それぞれについて、どのように学生の理解が深まるようにサポートできるかを考えてみましょう。

「仕事理解が足りない」場合は・・・・<ここから先は公式テキストで!>

公式テキスト監修者のおすすめポイント

キャリアコンサルティングは奥深く、学び甲斐のあるものです。

その中でも実践的に使える手法は、
キャリアコンサルティングの理論の幅を超えて、
心理学やコミュニケーション手法など、様々な要素が必要になってきます。

多くの専門書が、それぞれの理論をベースに体系立てられているのに対し、
本人材ビジネス検定のテキストは、
実践に基づき、あらゆる手法を盛り込んだものを体系立ててまとめております。


実際に現場で活躍している方だけではなく、
これから新たに学びたい方や日常生活に役立てたい方にもお奨めのテキストとなります。


監修:長井亮(一般社団法人国際キャリア・コンサルティング協会代表理事)


【プロフィール】
富山県生まれ。1999年青山学院大学経済学部卒業。

株式会社リクルートエイブリック(現リクルートキャリア)に入社。連続MVP受賞などトップセールスとして活躍後、株式会社リクルートを経て、2009年に人材採用支援会社、株式会社アールナインを設立。

これまでに1,200社を超える経営者・採用担当者の相談や、5,000人を超える就職・転職の相談実績を持つ。
北陸学院大学にて非常勤講師を務めるなど、全国で学生・ビジネスパーソン、また経営者を対象に、年間約250回のキャリア・採用に関する講演、セミナーを行う。

受験者から寄せられた声

3級受験者の声

  • 就職活動で人材・人事系を受けるので、履歴書に書けました
  • テキストが70ページ11章とボリュームが多かったですが、章分けされているのが学びやすかったです。
  • メンタルヘルス(うつ病、摂食障害、認知症等)のパートが興味深かったです。
  • 人材ビジネス業界への転職を考えていたので、
    業界の基礎知識が学べてざっくりとイメージすることができました
  • キャリアアドバイザー、リクルーティングアドバイザーの仕事内容が学べました
  • ラポール形成や傾聴ついてわかりやすく学べました

2級受験者の声

  • 「実際の転職活動にかった期間」等の転職に関する多くのデータがあり、興味深かったです。
  • テキストは100ページ以上と読み応えがありました
    12章に分かれているので1日1章ずつ学習しました。大体2週間で読了しました。
  • リクルーター業務の基礎知識を知れました
  • 職業別(秘書、営業等)のキャリアプラン、適性が理解でき
    今後のキャリアアドバイスに活かしていけると感じました。

1級受験者の声

  • ケーススタディを元に、実際の現場での考え方のポイント
    対応例が載っていてとても参考になりました
  • 「今後のキャリアに不安がある」など漠然とした相談内容にどう対応したらよいのか、
    詳しい解説が載っていたので、実際の業務で早速活用できそうだと感じました。試験は難しかったです。
  • 内定後フォローケーススタディ等、採用現場でのケーススタディが多く、
    実際の採用業務に活かせそうです。
  • 個人事業主として今後セミナー講師としての仕事を考えているので、
    講師として必要な実務知識、ノウハウ、ポイントなども掲載されているのが参考になりました。
  • 現業務(採用)の理解が深まりました

試験日程

試験日程実施概要詳細 »

試験日程 試験会場 出題形式 設問 試験時間 合格基準 受検手数料
3級 2017年2月26日(日)予定
東京
/大阪/富山
筆記試験
(選択・択一式)
50問 60分 100点満点中
70点以上
4,000円
(税込)
2級 2017年2月26日(日)予定
東京
/大阪/富山
筆記試験
(選択・択一式)
50問 60分 100点満点中
70点以上
6,000円
(税込)
1級 2017年2月26日(日)予定
東京
/大阪/富山
筆記試験
(論文)
4問 60分 100点満点中
70点以上
8,000円
(税込)

※平成28年8月現在の情報

※随時変更の可能性がございます。

試験申し込み


  ※次回お申し込みは12月1日を予定しております。
イベント名 開催日 時間 会場
第6回 人材ビジネス実務検定 3級 2016年7月24日(日) 09:10開場 東京/大阪/富山
第6回 人材ビジネス実務検定 2級 2016年7月24日(日) 10:45開場 東京/大阪/富山

イベント名をクリックすると、応募フォームへ進みます。

人材ビジネス実務検定 受験の流れ

人材ビジネス実務検定ホームページからの申し込み

上の【試験申し込み】よりお申し込みください。

検定料の支払い

お申し込みの際に発生する各種手数料は、受験者各自でご負担ください。
電話・FAXによるお申し込みは受付けておりません。

受験票の受取

出願手続きを完了いただいた受験申込者へ、試験日の10日~2週間前ごろに、
受験票をお届けいたします。

検定対策など

弊社にて「人材ビジネス実務検定・公式テキスト」の販売を行っております。
詳しくは、下記の「出題内容・試験対策」をご覧下さい。

受験

合格通知(約一ヶ月後に郵送で通知)

合格証明書など受取


ページトップ