1. ICCAホーム
  2. ICCAについて

国際キャリア・コンサルティング協会(ICCA)について


ICCA認定キャリアスペシャリストの特徴

  • 意思決定支援を重視

    「カウンセリング」ではなく、その人が課題解決できるように、具体的な「コンサルティング」を行います。

    ・ゴールは、相談者が第一歩を踏み出せること
    キャリアコンサルタントとの相談後に、相談者が自らの意思で第一歩を踏み出せるよう、時には背中を押してあげることも重要と考えています。傾聴や受容という「カウンセリング」だけではなく、相談者が悩んでいるポイントについて課題解決し、自ら意思決定できるようにする「コンサルティング」を行います。

    ・事実を分析し、提案する
    具体的には、過去の事例や、マーケット状況(いわゆる相場観)などから、適切な状態を目指すためにどうすれば良いか、事実をもとに課題を分析をし、提案します。大切なのは、客観性。相談者やキャリアコンサルタントの主観だけでは解決できない問題も多く、客観的な分析、提案のスキルが求められます。

     

    実践型キャリアコンサルタントについて »

  • 実践重視のカリキュラム

    実業務にすぐに移れるよう、講義だけでなく、具体的な手法を用いて実施しています。

    単に相談に乗るだけでなく、ヒューマン・リソース分野で活躍できるキャリアコンサルタントになるため、実践中心の教育カリキュラムとなっております。特徴としては、企業側の視点も多く取り入れ、企業と応募者という2者を客観的、構造的に把握、現場で求められる、実用的な就職支援・意思決定支援スキルが身につきます。

     

    キャリアスペシャリスト »

  • 高い満足度

    キャリアや能力を活かして新しい働き方を模索したい、子育てなど在宅で勤務し手に職をつけたい方が多く活躍しています。

    ICCA受講者には様々な方がいますが、最近めだつのが、「結婚や出産を機に今後のキャリアについて考えた結果、キャリアや能力を活かして新しい働き方を模索したい」、「子育てなど在宅で勤務し手に職をつけたい」、という女性からのお問い合わせです。実際、受講者の年代は20代から50代と幅広く、男性も女性もおられますが、一番多いのは主婦の方です。時間の融通がつきやすいこと、在宅で仕事もできることから、家事、育児との両立がしやすいためです。

    ICCAや提携先のアールナインには、ワークライフバランスを保ちながら働いている女性が多数。単に資格を取得する、どこでも良いから就業する、というのではなく、実際にプライベートも大切にしながら働けるので、仕事に対する満足度も高いのです。

ICCAの理念

ICCAの理念

ICCAの協会概要

協会概要

名称 一般社団法人 国際キャリア・コンサルティング協会
設立年月日 2012年7月10日
所在地 〒105-6307
東京都港区虎ノ門1丁目23番1号 虎ノ門ヒルズ森タワー7階
※2014年7月14日より、虎ノ門ヒルズ森タワー7階へ移転しました。
事業内容 キャリアスペシャリスト資格の認定及びそれに伴う教育事業
キャリアスペシャリストの普及・啓蒙活動
シンポジウムその他イベントの企画・開催及び運用
法人・個人に対してのキャリアコンサルティング
運営委託 株式会社アールナイン

アクセス

・銀座線「虎ノ門」駅(1出口):徒歩5分
 ※2014年7月14日より、虎ノ門ヒルズ森タワー7階へ移転しました。
ページトップ